クラシックギターを学びたいと思ったら、まず教室を選ばなくてはいけません。良い教室を選ぶかどうかで、レッスンが楽しいかそうでないか、だけでなく、上達度合いも変わってきます。そのため、良い教室を選ぶということはとても大切です。クラシックギター教室は、大手の楽器店が経営しているところと個人経営のところがあります。まずは、大手の教室、個人経営の教室ともに、通える距離の範囲内にある教室の情報を、なるべく沢山集めてみましょう。その中から様々な項目を検討して絞り込んでいきます。大手の教室ならインターネットにホームページがありますし、広告や宣伝チラシなども見つかるでしょう。個人経営の教室は、知り合いの紹介や電話帳、街を歩いてみて看板を探すなどの方法があります。

クラシックギター教室の選び方ポイント

まず、情報を集めたら、月謝をチェックしましょう。毎月支払うものですので、逆に言えば、長く習い続けていくに際して最もネックになって来るところと言えます。クラシックギター教室の中には、習う曲のレベルが上がると月謝が上がる場合があります。また、個人レッスンとグループレッスンを比較すると、個人レッスンの方が月謝は高くなります。その他、クラシックギター教室によっては、発表会を開催するところもあります。発表会は月謝とは別に費用がかかります。人前で演奏するため練習にも力が入り、上手になれるなどのメリットもありますが、費用もかかってきますので、開催頻度や発表会費についても調べましょう。その他に、入会金がかかるクラシックギター教室もあります。大手の教室は、キャンペーンを行うこともあり、期間限定で半額になることがあります。個人経営の場合入会金は必要無いこともあります。

実際に体験レッスンを受けてみましょう

入会金や月謝、発表会費などを検討していき、集めた情報の中から取捨選択を行い、絞り込んでいきます。いくつかに絞り込んだ段階で、体験レッスンを受けてみましょう。多くの教室が、初回のレッスンを無料または低価格で受けられるようなシステムを設定しています。特に個人指導の場合は、講師との相性はとても大切です。一度習い始めると、あまり頻繁に講師の先生を変えることはしませんので、最初に慎重に選ぶのが賢い方法です。レッスンの進め方なども、大手教室の場合はカリキュラムが明確に決まっている場合がありますが、個人教室の場合はありませんので、その先生毎に違います。体験レッスンをいくつか受けてみると、楽しくレッスン出来る先生やレッスンの進め方などが分かってきます。楽しくレッスンできそうな講師を選ぶのがおすすめです。